特徴がある

漁船

廃船解体は、使用しなくなった船体を解体する作業のことを言い、船を維持できなくなったり、老朽化で船体が傷んでいる船を解体します。廃船解体は船という特殊な対象物を解体するという特徴があり、解体には特別な技術や設備などが必要になります。廃船解体は基本的に解体業者に依頼して行われることが多くなっており、業者ごとに解体作業料金などが設定されており、依頼者は複数の業者に見積もりを依頼してから比較検討することが多いです。解体作業では船の底についている付着物を撤去したり、エンジンやスクリューなどの船の独特のパーツを取り除いて廃棄を進めるなど、船舶の解体は独自の特徴を持つプロセスになります。最後は船体物を廃棄上に搬出して解体を完了させます。

こんな流れになっている

漁船

廃船解体に際して、準備などが必要になり、廃船には各自治体で定められた所定の手続きが必要とされています。例えば、廃船では返納届などが必要とされ、登録対象外とされた船の船舶については抹消登録を行うなどの手続きが必要です。さらに、登録した小型船舶が沈没して滅失したり解撤したりした場合など具体的なケースで廃船するにあたり、具体的な手続きなどが定められていますので、こうした自治体の決まりに従って、業者に依頼して廃船解体と廃船の手続きを進めてもらう必要があります。そのため、解体を依頼する業者はこのような手続き内容に詳しい業者を選ぶ必要があり、廃船解体の実績が豊富で評判なども良い業者を選ぶことが準備としても必要です。

安心して任せよう

漁船

廃船解体は専門的な技術や知識、設備などが必要とされますので、長年廃船解体に関わってきた実績のある業者を選ぶことが大切です。廃船解体ではまず解体工事についての相談を業者に行います。最近では相談の内容に応じた適切な船体の解体業者を紹介するサイトなどがありますので、そうしたサイトを利用すると便利です。また、概算の費用も短時間で知ることができ、とても参考になります。その後、実際に現地調査が行われ、解体予定の廃船を見積もってもらうという流れになります。業者の見積もりが提示されると、具体的な金額を知ることができますのでその見積り金額に満足すると解体作業を行ってもらえるという流れになっています。実際に解体するにあたり様々な手続きなどについても任せられる業者なら安心ですし、そうした費用なども見積もりの時に提示されますので、検討しましょう。そして、実際の廃船解体が完了し、必要な手続きを完了させると解体作業が終了し、無事に廃船が完了するようになります。

広告募集中